• 一般に知られている求人媒体について

    仕事を探す際に必ず使用するのが求人媒体です。たくさんある中で今回はいくつか紹介していきます。まずは公共職業安定所、つまりは、ハローワークです。

    今の時代ですとネットに頼りがちな部分はありますが、ハローワークでは細かく自分の就業希望などに当てはまる仕事を探せる上に、安全な仕事を探せる求人媒体になります。


    次にネットでおすすめなサイトは身近なものですとLINEバイトです。

    有望な求人媒体をご紹介します。

    これは、普通の仕事も探せるほかに学生などに向いている単発、短期のバイトが探しやすくなっています。


    登録や面接までの過程も簡単で若い人向けの求人媒体になります。中間層の方には、タウンワークがおすすめです。



    ここには短期、単発系も数多くあり、また、正社員や派遣などの安定して収入をもらえる求人もあります。


    それぞれの求人媒体にはメリット、デメリットが存在します。



    ハローワークですと、民間企業や大手企業などのフルタイムの仕事を探すのに適していますが、工場系の仕事や単発の仕事は少なく、探しにくいです。
    一方サイトなどのネットによって探すと数多く様々な種類の求人がありますが、安全性はハローワークに比べて比較的に落ちます。

    ですから、犯罪に巻き込まれたり、だまされて変な仕事を紹介される危険性が高まります。


    時と場合に応じて臨機応変に使い分けなくてはなりません。


    サイトを利用して求人を探す場合には、大手企業を使って探すことをお勧めします。


    おすすめは、LINEバイト、タウンワーク、indeedがおすすめです。