• 求人媒体の意味と求人サイトの活用

    就職活動をしているときに、希望の企業などに応募をした際、企業から「応募者情報」として、氏名、生年月日・年齢、最終学歴、職歴、住所・最寄り駅、自己PRなどなどの個人情報を問われますが、「求人媒体」を聞かれることも増えています。

    この場合の「求人媒体」とは、働きたい人と人材を求めている企業との仲立ちをするものをさしますので、何を見て応募してきたのかを答えれば良いでしょう。

    「求人誌」、「新聞広告」、「インターネットの求人サイト」などがそれに該当すると考えられます。

    インターネットが普及し、就職活動がインターネットを経由して行われることが主流となってきています。

    独自性の高い求人媒体の口コミ情報を掲載しています。

    そのため、ネット上には様々な求人サイトが存在しており、就職活動に利用されています。


    ただし、求人サイトが多すぎるため、自分にあった求人情報を探すのに苦労する方も多いようです。各求人サイトにもそれぞれに特色がありますので、どのようなサイトが自分に合っているかを知ることは大切です。そこで「求人媒体」を比較して紹介しているサイトが大変役立ちます。



    「求人媒体」を比較しているサイトでは、どの求人サイトがエンジニアに特化したサイトか、クリエイター・ゲーム系、美容、医療・介護に特化したサイトかなどを知ることが可能ですし、その他、新卒、第二新卒、中途採用(転職)に適したもの、女性に適したもの、男性に適したものなど、どのような人材を求めているかの特徴が分かります。