• 各種求人媒体について

    • インターネット上にあまた存在する求人サイトが現代の代表的な求人媒体です。テレビコマーシャルなども頻繁に流されており、その認知度も広がってきているといえます。
      これらの求人媒体においては求人をしたい企業がお金を支払って求人情報を投稿し、求職者側は無料で情報をネット検索し、気になった情報に対しては電話による問い合わせをしたり、面接予約をしたりといったアクションをとります。


      いったん情報が掲載されれば、その後は求人企業と求職者とが個別に連絡を取り合って事を進めますので、サイト運営者としてはマッチングなどの作業が発生せず、サイト運営を行うことだけで利益を上げることができます。
      求人媒体の運営は非常に簡単で、かつ儲かる業種のように思えます。
      しかし、こういった業務をする企業は日々増え続けており、競争環境は激化し続けているという状況です。

      ですので、企業側はテレビコマーシャルや街頭でのグッズ配布、ネット広告などを通じて、企業の知名度を向上させようと必死になっています。

      求人媒体の情報が豊富です。

      また、個人情報を取り扱う業務ですので、個人情報の漏洩に万全を期さないといけないというプレッシャーのある業務でもあります。



      しかし、求人したい企業と就職したいという個人が社会からいなくなることは決してなく、媒体の必要性は年々向上してきているという状態です。



      よりよいシステムを構築し、提供することは社会の基盤を作る社会的に重要な業務であるといえます。


  • 転職の事柄

    • いろいろなタイプの求人媒体

      職探しの際に求人媒体を利用することが一般的ですが、その種類は実にさまざまで、ハローワークをはじめとして冊子などの求人募集や折り込みチラシおよび新聞などに掲載されている求人広告などがあり、とくにインターネットが普及した現在では、転職サイトなどのネットの求人媒体が注目度を増しています。そんなネットの求人媒体に関しては、目的や用途に合わせて案件を絞って探しやすいという特徴があり、求人媒体と一言で表現しても、アルバイトに絞ったものや正社員に絞ったもの、中途採用専用や専門職に限ったものなど、実にさまざまな種類が存在しています。...

  • 転職のみんなの常識

  • 転職の実態・転職入門

    • 求人媒体の意味と求人サイトの活用

      就職活動をしているときに、希望の企業などに応募をした際、企業から「応募者情報」として、氏名、生年月日・年齢、最終学歴、職歴、住所・最寄り駅、自己PRなどなどの個人情報を問われますが、「求人媒体」を聞かれることも増えています。この場合の「求人媒体」とは、働きたい人と人材を求めている企業との仲立ちをするものをさしますので、何を見て応募してきたのかを答えれば良いでしょう。...

    • 求人媒体を効果的に使い分けよう

      求人媒体には様々な種類があり、目的に応じて効果的に使い分けることが良い人材を集めることにつながります。求人媒体には印刷物のものとインターネットによるものの2種類があり、印刷物によるものは広く公に配布できる上、誰でも簡単に閲覧できると言うメリットがあります。...